獣医学本・書籍・ビデオ・雑誌・DVD・洋書 インターズーオンライン

会社案内ご利用規約FAQお問い合わせサイトマップ

interzoo Online

clear

clear

ログインID パスワード ログイン   商品点数: 0 点 | 小計: ¥0 カートを見る はじめての方へ パスワードを忘れた方

ホーム正誤表 ≫SURGEON

SURGEON正誤表


SURGEON117号(2016年5月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p47 特集 肢端の外科
肢端の骨折治療
図6-BおよびCの説明文 第二中足骨 第二中手骨
p81 連載 薬理作用から考える麻酔・疼痛管理法
注射麻酔薬①
麻酔維持の項④ ガルバゾクロムスルホン酸ナトリム10mg/kg ガルバゾクロムスルホン酸ナトリム0.5mg/kg

SURGEON114号(2015年11月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p74 特集 高齢動物のターミナルケア
高齢動物の運動管理
図12
下から1行目
不整脈の発現を検査を経時的に観察した。 不整脈の発現を経時的に観察した。

SURGEON113号(2015年09月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p78 連載 実践!救命救急医療
胃拡張捻転症候群が疑われる
症例の対処法
本文下から3行目 リドカイン2~4mL/kg リドカイン2~4mg/kg

SURGEON111号(2015年05月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p29 股関節疾患を伴う治療 BOX1
下から9行目
本症例では,CHD による臨床症状は軽度と評価し,
保存的治療により経過観察とした。
左記を削除
p38 前十字靭帯断裂を伴う治療 左段上から17行目 expensive excessive

SURGEON110号(2015年03月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p23 膝蓋骨脱臼の診断 図1 イラスト中の①と③の位置 イラスト中の①と③の位置が逆となります。

SURGEON106号(2014年7月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
表紙 記事のタイトル 僧房弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理 弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理
p1 Contents 記事のタイトル 僧房弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理 弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理
p65 実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 第22回のタイトル 僧房弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理 弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理
p65 実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 「監修者のコメント」の見出し 僧房弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理 弁閉鎖不全の症例に対する麻酔・疼痛管理
p66 実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 左段「プロフィール」内,上から6行目 僧房弁閉鎖不全 弁閉鎖不全
p74 実症例の麻酔記録をビジュアル解説!麻酔科獣医師の思考と手技 左段,上から15行目 僧房弁閉鎖不全 弁閉鎖不全
p85 連載 症例から学ぶCT読影入門
頭頸部の腫瘍性疾患①
図5画像中 気管 食道

SURGEON99号(2013年5月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p17 特集
犬と猫の周術期疼痛管理テクニック
鎮痛方法の選択
表8 5~10kgに対する
作用用量2.5mgパッチ半折
5~10kgに対する
作用用量2.5mgパッチ
p26 特集
犬と猫の周術期疼痛管理テクニック
硬膜外鎮痛
図L こちらのPDFにて
ご確認お願い申し上げます。
こちらのPDFにて
ご確認お願い申し上げます。

p54 特集
犬と猫の周術期疼痛管理テクニック
局所鎮痛
右列
9行目
2.経過および検査所見 2.術前の全身状態の評価
p91 連載
Masters of Veterinary Surgeon
左列
4行目
樋口雅二先生 樋口雅先生

SURGEON97号(2013年1月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p53 特集 皮膚再建法
広義の広背筋皮弁
図15 A 腫瘍の描出による皮膚欠損 腫瘍の摘出による皮膚欠損
p88 実症例の麻酔記録をビジュアル解説!
麻酔科獣医師の思考と手技
第15回 高齢動物に対する麻酔・疼痛管理
図1 ソルラクト®
(mL/hr)
ソルラクト®
(mL/kg/hr)

SURGEON96号(2012年11月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p94 実症例の麻酔記録をビジュアル解説!
麻酔科獣医師の思考と手技
第14回 若齢動物に対する麻酔・疼痛管理
図1 ソルアセト®F
(mL/hr)
ソルアセト®F
(mL/kg/hr)

SURGEON95号(2012年9月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p60 実症例の麻酔記録をビジュアル解説!
麻酔科獣医師の思考と手技
第13回 白内障の外科手術に対する麻酔・疼痛管理
図1 ソルアセト®F
(mL/hr)
ソルアセト®F
(mL/kg/hr)

SURGEON92号(2012年3月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p11 特集 肝臓の外科
肝臓疾患の血液検査と穿刺吸引生検
右段,■血中総ビリルビン濃度(T-bil)の項,6~7行目 水様性の抱合型(直接型)ビリルビン 水溶性の抱合型(直接型)ビリルビン

SURGEON91号(2012年01月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p26 上部気道疾患の診断ならびに内科的管理 図11,
写真D上の解剖名
喉頭蓋 喉頭室

SURGEON90号(2011年11月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p79 実症例の麻酔記録をビジュアル解説!
麻酔科獣医師の思考と手技
第8回 骨折整復術に対する麻酔・疼痛管理
左段「プロフィール」内,上から9行目 ASA分類クラスⅡ ASA分類クラス

『SURGEON』88号(2011年07月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p17 特集 門脈体循環シャント(前編)
門脈体循環シャントの病態
図27 図24と同じ写真(1歳齢のPSS症例の肝臓肉眼所見)が重複して掲載されています。 図27の写真および解説文を削除。
p17 特集 門脈体循環シャント(前編)
門脈体循環シャントの病態
図28の説明文 「図27の症例と同じ年齢であるが,本症例のほうが
肝臓の線維化が進行し,硬化している。」
「線維化が進行し,
硬化している。」


SURGEON85号(2011年1月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p8 特集 軟部組織の肉腫 軟部組織肉腫の概要 右段6~7行目 実施した犬85例 実施した犬30例

『SURGEON』84号(2010年11月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

『SURGEON』83号(2010年9月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p77 実症例の麻酔記録をビジュアル解説! 麻酔科獣医師の思考と手技
第2回 犬の胸腰部椎間板ヘルニア手術の麻酔・疼痛管理
図1 (8)欠落
抜管のところに(8)追加
ページ
記事タイトル
該当箇所
p20 特集 椎間板ヘルニア(前編) 椎間板ヘルニアの診断法:神経学的検査 左段9行目 その可能性は高まるかもしれない(図1-C)
その可能性は高まるかもしれない(図2-C)
p21 特集 椎間板ヘルニア(前編) 椎間板ヘルニアの診断法:神経学的検査 表4「筋肉の機能」列の3行目 飛節の伸展
飛節の屈曲
p28 特集 椎間板ヘルニア(前編) 椎間板ヘルニアの診断法:神経学的検査 右段5行目 ・体感皮筋反射(図20)
体幹皮筋反射(図20)
p42 特集 椎間板ヘルニア(前編) 椎間板ヘルニアの診断法:CT検査,MRI検査 右段5行目,右段26行目 【MRI】(図1),【CT】(図2)
【MRI】(図2),【CT】(図1
p81 実症例の麻酔記録をビジュアル解説! 麻酔科獣医師の思考と手技 第1回 PDA塞栓術の麻酔 表1 右段5行目 観血的血圧測定ユニットを搭載したオールインワンダイブモニター
観血的血圧測定ユニットを搭載したオールインワンタイプモニター

『SURGEON』79号(2010年1月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p19 特集1 食道の外科 外科適応疾患に対する周術期管理 (4)タンパク要求量の計算
4mg/100kcal
2~3mg/100kcal
6mg/100kcal

6mg/100kcal
3~4mg/100kcal
6mg/100kcal

4g/100kcal
2~3g/100kcal
6g/100kcal

6g/100kcal
3~4g/100kcal
6g/100kcal

『SURGEON』58号(2006年07月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ
記事タイトル
該当箇所
p64 消化器外科に用いられるステイプラーの特徴と手術の実際 図10 ※キャプション及び赤丸のズレ こちらのPDFにてご確認お願い申し上げます。
赤色下線部が変更箇所となります。
データはPREMIUM SURGEON CE.Vol3を利用しております。